お墓っていくらするの?(墓石代編)

前回の「永代使用料」に続き、今回は「墓石」の料金です。

まず、この墓石代ですが、さらに細分化することができます。

「墓石代 = 墓石費+加工費+施工費」

のような構成になっています。

では、1つずつ説明していきましょう。

まず、(1)墓石費。

これは、通常、墓石本体に加え、外柵、納骨棺(カロート)、を含めた値段を指すことが多いです。
また、墓誌、卒塔婆立て、灯篭等の墓具を置く場合はさらにその値段が加わります。

墓石の値段はピンキリです。
数万円のものから、高価なものだと1千万円超えなんてものも!?
全国平均では100万円前後といったところです。
一般的に外国産石材は国産石材よりも安価な傾向にあります。
現在の見栄えも大事ですが、長年使用していくものなので耐久性も求められます。

続いて、(2)加工費。
真四角なのっぺらぼうの墓石だけを置くというわけにはいきません。
家名・題字や題目・建立者名・建立日などの基礎彫刻を施した上で、
さらに、お墓ならではの加工を施します。
加工方法として、例えば、水垂(みずだれ)、亀腹(かめばら)、スリン台、丸面取り加工等が有名です。
料金としては、基礎彫刻が5万円程度。
加工費は、もともと用意されているものであれば追加で料金が発生しないことが多いですが、特別な加工をお願いする場合はケースバイケースです。

そして、最後に(3)施工費です。
お墓は、単に敷地に墓石が置いてあるわけではありません。
基礎工事が必要ですし、お骨を納めるための納骨室の設置も必要です。
地震で墓石が倒れないよう耐震対策も欠かせません。
そのような工事にかかる費用です。
通常、お墓の基礎部分が大きければ大きいほど高くなります。
費用は、シンプルな5㎡以下の広さのお墓(外柵なし)で20万円~。
外柵をつけるとその広さにもよりますが追加で20万円~。

家を建てるのと同じで、広いスペースに大きく立派な墓石を建て、墓具もひととおり揃えると結構なお値段になります。

いずれにしても、ご先祖様や故人の意向やご家族の懐具合も踏まえつつ、一つ一つのオプションをしっかり選択していくことが求められます。
最近では永代使用料と墓石代がセットになっているプランも多く存在します。
その際、何が含まれていて、何が含まれていないかをしっかり把握しておかないと、後々もめることになりますのでご注意ください。